痩せるという快楽

これを読めばダイエット成功!?数多あるダイエット理論をわかりやすくまとめました。

本当の食欲を知れば痩せる!食べても太らないお菓子はこれだ。

こんにちは!MYです。

今日は食欲について書いていきましょう

皆さんはコンビニに行った時、ついついお菓子を買ってしまうということはありませんか??

食べ物を見た途端にお腹が減ったり、甘いものを食べたくなったり、、

実はそれ、一種の中毒症状なんです。。

実は、甘いものには一種の快楽物質が入っています。

これは、「幸せホルモン」と呼ばれるもので、脳に作用して、幸福感を得ることができます。

この物質が、ダイエットには実に厄介なのです、、

ダイエットで疲れている時や、辛い時、脳は快楽を欲します。

そこに、手っ取り早く快楽を得られる甘いものを見るともちろんそれを手に取ってしまいます。

この反応は、食欲からくるものではありません。、

お腹が減っているから食べたいと思うのではなく、快楽物質が欲しくなるから食べたくなるのです。

そういう意味では、食欲というより、性欲に近いのかもしれません。

知っての通り、甘いものはダイエットの天敵です。

脂質が多かったり、小麦粉を含んでいたり、体が必要のない余分な栄養素が入りすぎています。

そして、体に必要とされている栄養素はあまり含まれていません。

甘いものが食べたくなった時は、一度、お腹に相談してみてください。

単に甘い味が欲しいのか、実際にお腹が空いているのか、、

もし、実際にお腹が減っているのならご飯を食べてください。

身体が必要としている栄養素が含まれているものを食べると、自然と、体も脳も満足します。

最初は甘いものを我慢することは辛いと思いますが、しばらく経つと不思議と食べない事が普通になってくるのです。

ですが、どうしても甘いものが食べたい時、ぜひ、食べるものを考えてください。

ケーキやチョコ、菓子パンは脂質がたくさん入っています。

この脂質が体に脂肪がつく原因となる物質です。

ですが、脂質をあまり含まないお菓子もあります。

しかも、身体が必要としている物質であるタンパク質や食物繊維も含まれているお菓子。

それは、「大福」です。

大福は、餅とあんこから出来ていますよね?

もちはもち米から出来ており、あんこは小豆から出来ています。

なので、食べても、余計な脂質を取らなくてすみ、必要なタンパク質や炭水化物を取ることができます。

炭水化物は体に必要なエネルギーの一つです。

食べ過ぎると体に脂肪がたまる原因となりますが、体のエネルギーとなるからだに不可欠な栄養素です。

なので、甘いものをどうしても食べたくなった時は、大福を選んでみてください。

甘いものがどうして食べたくなるのか、

本当の食欲の意味、

食べても体の栄養素となるもの、

この辺りを考えて食べ物に気を遣ってダイエットを成功させていきましょう。

まとめです。

・甘いものが食べたくなったらまず、お腹が減っているか、ただ、快楽物質が欲しいだけなのかを考える。

・どうしても食べたい時は大福

ダイエットの基本は運動と食事です。

普段から気を使くことで、目標を達成しましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログはダイエットをしようと志しているあなたのために書いています。

ぜひ、悩みなどあればお力になりたいと考えています。

ぜひ、質問やご意見、ご感想などコメントを残していただけると嬉しいです!

また、facebookページ、ツイッターもあります。

書くモチベーションになりますので、もっと知りたい方、繋がりたい方はぜひ、いいねやシェアをお願いします!

facebook

https://m.facebook.com/home.php?refsrc=http%3A%2F%2Fh.facebook.com%2Fhr%2Fr&hrc=1&_rdr#~!/DietBlog.MY3/?ref=bookmarks

Twitter

https://mobile.twitter.com/dietblogMY

間食をやめると疲れにくくなる!?その疲れ、間食のせいかもしれません。

こんにちは!MYです。

今日は日々、なぜか疲れていたり、疲れを軽減させたい人に向けた記事です。

あまり疲れのない人でも、疲れの予防として、知っておくと良いかもしれません。

疲れの原因は本当に様々だと思います。

体を酷使したり、頭をずっと使っていたり、ストレスだったり、、遊んでいても疲れはたまりますよね。

その中で、あまり知られていない疲れの原因があるのです。

突然ですが、あなたは間食をしますか??

おやつをたべたり、おにぎりを食べたり、野菜不足を感じたからサラダ食べたり、、

食べるものは何でも構いません。

間食をしますでしょうか??

実はその間食、疲れの原因の一部なのです。。

間食をするという事は、それを消化するために様々な内臓を働かせることになりますよね??

実は、体や頭を使うとエネルギーを消費するのと同じで、内臓を使うのもエネルギーを消費するのです。、

ここで一つ質問です。

例えば、8時間時間ずっと働き続けるのと途中に一時間の休憩をはさんで働くのではどちらが疲れるでしょうか??

内臓も同じです。

休憩をさせてあげないと消化活動に必要以上のエネルギーを消費してしまい、あなたがランニングをしたり、筋トレをするためのエネルギーまで奪ってしまいます。

なので日々、疲れているなと感じている人や間食の多い人は1日3食を目指し、間食を抑えてみてください。

いつも以上にダイエットを頑張れるかもしれませんよ!

間食が疲れの原因になるということを説明しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログはダイエットをしようと志しているあなたのために書いています。

ぜひ、悩みなどあればお力になりたいと考えています。

ぜひ、質問やご意見、ご感想などコメントを残していただけると嬉しいです!

また、facebookページ、ツイッターもあります。

書くモチベーションになりますのでもっと知りたい方、繋がりたい方はいいね、やフォローをお願いいたします。

facebook

https://m.facebook.com/home.php?refsrc=http%3A%2F%2Fh.facebook.com%2Fhr%2Fr&hrc=1&_rdr#~!/DietBlog.MY3/?ref=bookmarks

Twitter

https://mobile.twitter.com/home

強烈な眠さに襲われる時ありますか??それ成長してる証です。

こんにちは!MYです。

皆さんは強烈な眠さに襲われる時はありませんか??

何もしたくない、体がだるい、体が動かない、、といってずっと寝ている日もあると思います。

このブログを読んでいるあなたはダイエットをしている、もしくは、やろうとしている方でしょう。

筋トレをしている方も多いでしょう。

あなたの強烈な眠さは筋トレのせいかもしれません。

どういうことかを説明するために、まず、筋トレについて考えていきます。

筋トレは体に負荷をかけることによって体の組織を一度壊します。

その傷ついた筋肉に栄養素が入り、さらに強く、大きくなるのが筋トレの効果です。

この、大きくなる過程を超回復といいます。

その傷ついた筋肉繊維の痛みが筋肉痛です。

なので、筋肉痛になるほどの筋トレをするのが筋トレの方法だとお話をしました。

さて、話を戻しましょう。

筋肉痛になる時は筋肉が壊れた時です。

その修復には体のエネルギーや栄養素がたくさん必要になります。

そうすると、身体はどうなるのか??

エネルギーを超回復に使うので、エネルギーを使わないように節約しようとするのです。

つまり、体が動かないように眠くなるということです。

なので、筋トレ後、特に筋肉痛になっている時は強烈な眠気に襲われるのです。

これが、強烈な眠気の原因となっています。

強烈な眠気に襲われた時は成長しているという証なのです。

この時にしっかりと栄養素をとり、休息を取ることで筋肉は成長します。

なので、筋トレをして終わりではなく、そのあとの食事や休息も筋トレの一部なのです。

しっかりと栄養素、休息をとり、効率の良くダイエットを進めていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

何か始める時は何かをやめないと成功しない。トレードオフの法則が成功の鍵!

こんにちは!MYです。

今日はトレードオフの法則について説明していきます。

この法則は、今やっていること、やりたいことがうまくいくための手助けをしてくれます。

また、ダイエットだけではなくたくさんの事にあてはまるのでぜひ生活に活かしてください!

まず、トレードオフの法則とは、簡単に言うと何かを得るためには何かを失わないといけないという法則です。

例えば、100円のお菓子を買うには100円というお金を失わないといけないですよね

これはお金の話だけではありません。

時間についてもそうです。

24時間しかない1日の中でやれることは限られています。

なので、毎日一時間のランニングを始めようとした時、今までの生活の中でそれをするには今までしていた事を一時間分やめないといけません。

例えば、テレビを見る時間を減らしたり、一時間分早く起きるのか、スマホをいじる時間を減らすのかをしないとランニングを続けることはできません。

何をやめるのかを決めていないと、今までの生活に引きずられ、ランニングをする時間がなくなってしまうのです。

人間は今までの生活習慣を変えることはかなり大変なものです。

人間は意識して生活していないと、自然と自分のいつも通りの生活習慣になってしまいます。

なので、意識的に、何をやめるのかを決めておかないと、今までの生活にもどってしまいます。

なので、何かを始めるには何かをやめないといけません。

ランニングをするには、テレビを見ている時間を減らさないといけません。

痩せるためには、今までの暇な生活をやめないといけません。

これがトレードオフの法則です。

これを意識し、何かを始める時は何をやめるのかを決めて、成功を目指しましょう!!

何か始める時は何かをやめないと成功しない。トレードオフの法則が成功の鍵!

こんにちは!MYです。

今日はトレードオフの法則について説明していきます。

この法則は、今やっていること、やりたいことがうまくいくための手助けをしてくれます。

また、ダイエットだけではなくたくさんの事にあてはまるのでぜひ生活に活かしてください!

まず、トレードオフの法則とは、簡単に言うと何かを得るためには何かを失わないといけないという法則です。

例えば、100円のお菓子を買うには100円というお金を失わないといけないですよね

これはお金の話だけではありません。

時間についてもそうです。

24時間しかない1日の中でやれることは限られています。

なので、毎日一時間のランニングを始めようとした時、今までの生活の中でそれをするには今までしていた事を一時間分やめないといけません。

例えば、テレビを見る時間を減らしたり、一時間分早く起きるのか、スマホをいじる時間を減らすのかをしないとランニングを続けることはできません。

何をやめるのかを決めていないと、今までの生活に引きずられ、ランニングをする時間がなくなってしまうのです。

人間は今までの生活習慣を変えることはかなり大変なものです。

人間は意識して生活していないと、自然と自分のいつも通りの生活習慣になってしまいます。

なので、意識的に、何をやめるのかを決めておかないと、今までの生活にもどってしまいます。

なので、何かを始めるには何かをやめないといけません。

ランニングをするには、テレビを見ている時間を減らさないといけません。

痩せるためには、今までの暇な生活をやめないといけません。

これがトレードオフの法則です。

これを意識し、何かを始める時は何をやめるのかを決めて、成功を目指しましょう!!

痩せるために必須!有酸素運動とは

こんにちは、MYです。

今日は有酸素運動とは具体的にどのようなものなのかという事を解説していきます!

有酸素運動とは、長時間持続的に行う運動です。

例えば、ランニングや水泳、ウォーキング、ボクシングなどもこれに入るでしょう。

有酸素運動をすると体の中のエネルギーを消費していきます。

最初はブドウ糖をエネルギー源に使うのですが、途中から脂肪を燃やしてエネルギー源を作るようになっていくのです。

これが体が痩せるメカニズムです。

だから有酸素運動をすると痩せるのです。

逆に無酸素運動というものもあります。

これは例えば筋トレや短距離走など、瞬発力を求められる運動の事です。

これは、痩せる事にはつながらないのですが、体の筋肉量を増やす事で基礎代謝を上げることが出来るのです。

基礎代謝が上がると、普段の生活でも、今よりももっとエネルギーを消費することが可能になります。

なのでダイエットでは有酸素運動無酸素運動をうまく組み合わせて脂肪を燃やしていくことが重要です。

ご意見、質問、感想など、お気軽にコメントをお願いします!!

「今日は出来なかった、明日は頑張ろう」それ一生できません。

こんにちは!ダイエットブロガーのMYです。

今日はダイエットで有酸素運動を続けるコツについて書いていきます。

正直に言うと、僕は最初有酸素運動を続けるのはとても大変でした。

最初の頃はランニングを中心に有酸素運動をしていました。

しかし、少し走ったら疲れて歩いたり、または

長距離走ったはいいが、帰りに力尽きて同じ距離を歩いて帰ってきたりなど、なかなか疲れるものでした。

その日は疲れで1日ぐったりして何も出来なかったり、、

そして、週2回しかランニングを出来なかったり、、

いわゆる体力をつけるための体力がない状態です。

皆さんも最初のうちはそのような状態かもしれません。

というより、そのような人がほとんどだと思います。

皆さんにお願いです。決してムリはしないでください。

全然走れなくてもいいんです。歩いてもいいんです。

最初は短い距離から始めましょう。

大事なのは続けることなのです。

今日は1kmしか走れなかったかもしれません、しかし、明日にはもっと楽に1kmを走れるようになっているはずです。

それを繰り返していく事で2km、3kmともっと長い距離を、もっと長い時間走れるようになっていきます!

運動を嫌いになってしまっては、絶対に続きません。

最初のうちは辛いのが当たり前です。体が運動に慣れてくれば、走ることが苦ではなくなります。

2、3週間も経てば、毎日でも続けられるようになってきます。

毎日運動をすることが当たり前!と、なってくれば、運動が習慣化したということです。

ですが、皆さんも忙しい日もあるはずです。

仕事で疲れた。やらないといけない事が。飲み会行かなくちゃ。時間がない。などなど、運動ばかりしているわけにはいかないのもわかります。

すみません、また一つお願いがあります。

その時に「今日は出来なかった。明日からは頑張ろう」という風に考えないでください。

それだけでは、また運動を出来ない日が必ず出てきます。

出来ない日をなくすには、しっかりとなぜ出来なかったのかを理解しなければなりません。

例えば、(朝予定通り起きれなかったからランニングの時間がなかった)と思ったとします。

その場合、ランニングを出来なかった理由は(朝起きれなかったこと)ですね。

「じゃあ明日はちゃんと朝早く起きよう」

これでもまだ不十分です。

理由を見つけたら、どうやったら出来るようになるのかを考えてください。

この場合では(朝起きれなかった)という理由に対してなので、

・前の日に早く寝る

・目覚ましを何個もかける

・目覚ましを遠いところに置く

・一時間半周期の時間に目覚ましをかける

・奥さんに起こしてもらう

などでしょうか??

この中で、前の日に早く寝るという事これからやっていこうとしたとします。

その時、早く寝るというのは今日からやろうとして、すぐにできるようになるものではありません。

じゃあ、早く寝るためにはどうしたらいいのだろう??と

・夜はテレビやパソコン、スマホをいじらない

・15時からカフェインはとらない

・しっかりとお風呂に入る

・ねれなくても布団に入る

とかかな??

と、どんどん、どうやったら出来るようになるのかという事を考えていって欲しいのです。

そういう事を繰り返し、繰り返し、考えていけば、できるようになってくるはずです。

ですので、

「今日は出来なかった、明日からは頑張ろう」

ではなく、

「今日は出来なかった、何で出来なかったのかな?あ、あれのせいだ!じゃあ、どうやったらあれはなくせるかな?」

と、考えていって下さい!

最悪、運動が習慣化するまでの2.3週間だけでも良いです。。

運動が習慣化するためには、少しずつ少しずつ運動に慣れていく事が必要です。

そして、運動に慣れるためには、10分でも20分でも毎日有酸素運動を続けていく事が大切なのです。

出来なかった日を無駄にしないためにもぜひ、出来なかった理由、どうしたら出来るようになるのか。これらを考えてみてください!

以上MYでした。

質問やご意見、ご要望、感想など、ぜひ気軽にコメント頂けると幸いです!!

皆さんのダイエットを応援させてください!!