痩せるという快楽

これを読めばダイエット成功!?数多あるダイエット理論をわかりやすくまとめました。

つらい時に頑張れる考え方。いいコトと悪いコトがポイント!!

 

 

 

こんにちは!MYです。

 

 

昨日は体力をつけるには毎日コツコツと運動を続けていくことが必要なことを書きました。

 

dietblogmy.hatenablog.com

 

今日は毎日運動を続ける中でもどうしてもつらい日、動く気力がないときに動けるようになる考え方について書いていきます。

 

私もどうしても動く気力がない時があります。そんな時でも運動をしたい、しなければならない時、ある二つの事を考えるようにすることで動けるようになりました。

 

 

今回はその二つの要素について書いていきます!

 

 

 

1.痩せた先の未来を想像する

 

つらい時は、運動をして痩せた後の自分の姿を想像してください。

たとえば、痩せてかっこよく、かわいくなった自分の姿。

そしてそのあとに何をしたいのかなどです。自分の場合は単純に痩せている自分が理想でした。今頑張ればその理想の自分に近づけると思い、頑張ることが出来ました。

あなたにもあると思います。痩せてどうなりたいのか。どんな未来をつかみたいのか。その未来はどんなに楽しいのか。

つらい時はそんな事を考えてみてください。

今運動をすれば、その未来は絶対につかめます。

 

 

2.今運動をしなければどうなってしまうのか

 

つらい時は運動をしなければどうなるのかを考えてみてください。

今運動をしないことでどうなってしまうのか。

先ほど考えていた、自分の想像する未来、理想の未来が遠のいていくことを意識してください

今までせっかく頑張ってきたのにその努力が無駄になってしまいます。

 

一日の遅れは一日では取り返せません。

たとえば、運動をすれば体重が500グラム減るとします

今日頑張れば-500グラムとなりますね

しかし、今日運動をしないことで500グラム体重が増えたとします。

そして明日運動をして500グラム体重が減ったとします。

これでやっと昨日の体重に戻っただけです。今の体重から500グラム減らすにはあと一日運動を頑張らなければなりません。

このように、500グラム減らすだけでも、一日運動できなかったら、二日分遅れをとることになります。

 

私は、今運動をしないでいたらどういうことになるのか。今までの自分から変われずに理想の未来が遠のいていくこと、一日の遅れは一日では取り返せないことを考えるとつらい時でも頑張れました。

 

そしてこの二つを意識することでダイエットが進めることができるようになりました。

 

もちろん、無理をしてほしいわけではありません。しかし、つらい時でも少しでも良いので体を動かしてみてください。

きっと効果がみられると思います。

 

 

1.痩せた先の未来を想像する

 

2.今運動をしなければどうなってしまうのかを考える

 

 

この二つを意識して頑張ってみてください。 きっと理想の未来がつかめるはずです。

 

 

 

自己紹介

dietblogmy.hatenablog.com

 

関連記事

 

dietblogmy.hatenablog.com

dietblogmy.hatenablog.com

dietblogmy.hatenablog.com

 

dietblogmy.hatenablog.com

 

 

体力をつけるコツ!合言葉は「少しずつ少しずつ」

こんばんは!MYです。

 

 

今まで、痩せやすい体作りを行った上で有酸素運動をしていくことをオススメしてきました。

 

 

 

ですが、筋トレでもランニングでも最初は辛いですよね、、

 

体力もないので、体が重く、中々運動をするのに億劫になってしまっていると思います。

 

 

体力がついて、習慣化できてしまえばこっちのものですが、それまでが少し大変だと思います。

 

 

焦る必要はありません。

 

 

最初は長距離を走ったりなど、運動は辛いと思います。

 

その中でも自分にできる範囲で少しずつ少しずつ運動を続けていってほしいと思います。

 

 

 

 

10分でも構いません。

 

1kmでも構いません。

 

自分にできる範囲で続けていってください。

 

 

そして、有酸素運動は毎日続けて下さい。

 

毎日続ける事で、どんどん体力がついてきます。

 

 

10分走っただけで辛くなっていたのが日に日に12分、15分と走れるようになっていきます。

 

 

日に日に長い距離を走れるようになってきます。

 

 

ランニングで昨日は辛くなっていた地点を簡単に通過できるようになります。

 

その喜びを味わえたらもう習慣化できたも同然です。

 

 

毎日少しずつ、少しずつ、続けていってください。

 

 

 

 

 

しかし、そうは言っても、どうしても体が動かなかったり、やる気が出ない時もあると思います。

 

 

 

 

 

実はそんな時に動けるようになるコツがあるのです。

 

 

 

明日はそんな話を書こうと思っています。

 

 

ぜひご期待ください!

 

 ご挨拶

 

 『痩せる』情報のつまったブログ - 痩せるという快楽

 

関連記事

 

何をすれば『痩せる』の? - 痩せるという快楽

痩せやすい体質になるには!? - 痩せるという快楽

痩せるために必須!有酸素運動とは - 痩せるという快楽 

「今日は出来なかった、明日は頑張ろう」それ一生できません。 - 痩せるという快楽

 

食材の選択が痩せる鍵!ダイエット中はこれを食べましょう!

こんばんは!MYです!

 

昨日は、食事制限ではなく食事選択の方がダイエットでは重要だと話しました!

 

その筋トレ無意味かもしれません。効果を最大限に増やす方法とは!? - 痩せるという快楽

 

 

では、具体的にどのような食材を選択すれば良いのでしょうか?

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

 

 

お米です。

 

 

 

お米を食べてください。

 

 

皆さんはびっくりしたのではないでしょうか?

 

 

世間では炭水化物抜きダイエットが流行っているそうですから。

 

 

もちろん炭水化物は太る理由の1つではあります。

 

 

 

人間は体内にある余分なエネルギーを脂肪として体に蓄えます。

 

 

なので、どんなに運動をしていても夜寝る前にご飯をたくさん食べていては、痩せることができません。

 

 

エネルギーが余ってしまい、そのエネルギーが脂肪に変わるからです。

 

 

しかし!

 

 

今まで述べてきた通り、人間のエネルギーである炭水化物は絶対に必要です。

 

 

なぜなら、「異化」が起こってしまい、筋肉が減ってしまうからです。

【後編】ダイエット、始める前に知っておくとお得なこと - 痩せるという快楽 

 

なので、太りにくい炭水化物を食べなければなりません。

 

 

私たちが食べる炭水化物には大きく分けて2つあります。

 

 

1つ目が小麦粉から出来ているもの。

 

2つ目がお米です。

 

 

実は、小麦粉はとても太りやすい食材なのです。

 

もちろんこれには理由があります。

 

 

 

 

1つ目の理由として小麦粉はそれ自体が体に脂肪として蓄えられやすい食材ということが挙げられます。

 

小麦粉はその中に含まれている成分が血糖値を急上昇させ、脂肪を溜め込みやすいという性質があるのです。

 

 

2つ目の理由として、小麦粉を使った料理の性質があります。

 

 

小麦粉を使った食品として何が思いつくでしょうか?

 

パン、パスタ、ラーメン、お好み焼きなどでしょうか?

 

 

 

パンを食べる機会が一番多いのではないかと思います。

 

小麦粉を使った製品は小麦粉だけから出来ているわけではなく様々なものが練りこまれます。

 

特にパンにはバターが練りこまれている場合が多く、油脂が多く含まれています。

油脂はもちろん炭水化物よりも太りやすいものですので特に注意が必要です。

 

 

また、ラーメンなどはもちろんスープなどに油脂が多いと思います。

 

 

このように、小麦粉を使った食事には様々な太りやすい要素が含まれているのです。

 

 

 

対してお米はどうでしょうか?

 

 

 

実はお米は血糖値をゆっくりと上昇させるため、脂肪には溜め込まれにくいのです。

 

 

また、お米はそのものには脂は入っていないため、パンと比較するとエネルギーは少なくなっています。

 

 

そして、お米はよく噛んで食べるため、満腹中枢を刺激し、満腹感を得やすくなります。

 

 

 

 

このように、お米にはたくさんの痩せるためのメリットが含まれています。

 

 

 

 

もちろん、食べ過ぎてしまうとエネルギーが余ってしまい脂肪になってしまうので注意が必要ですが。。

 

特に夜寝る前にはあまり食べ過ぎないように注意してください。

 

夜に食べるものはご飯ではなくもっと太りにくい食材を選ぶことが有効です。

 

 バイト後や夜寝れない時でも大丈夫!夜に食べても太らない食材とは!? - 痩せるという快楽

 

 

 このように、できるだけ小麦粉製品ではなくお米を食べるように食事選択を行ってみてください!

 

 

 

また、油脂が多いものは避けてみよう!

 

でしたり、

 

ちょっと野菜を多めにしてみよう!

 

など、ぜひご自身で色々選択を考えてみて下さい!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログはダイエットを志している方のお力になりたいと思い始めました。

悩みなどあればご相談ください!

質問やご意見、ご感想などもコメントを残していただけると嬉しいです!

また、facebookページ、ツイッターもあります。

書くモチベーションになりますので、もっと知りたい方、繋がりたい方はぜひ、いいねやシェアをお願いします!

facebook

https://m.facebook.com/home.php?s=100012739027853&sstr=276681166099849&stype=s&postid=276681166099849&gfid=AQBd2EeIGaLaRwVS&hrc=1&refsrc=http://h.facebook.com/hr/r&_rdr#~!/DietBlog.MY3/?ref=bookmarks

Twitter
https://mobile.twitter.com/dietblogMY

 

 

食事制限ではなく食事選択をしましょうという話

こんばんは!MYです。

 

 

突然ですが、食事制限はしていますか??

 

食べる量を減らして、摂取カロリーが消費カロリーよりも少なくなるようにするのがダイエットです。

 

それはもちろん正解です。

 

 

と、世間では言われます。

 

 

 

 

 

しかし、それは間違いでもあります。

 

 

 

 

例えば、1日に食べたものがおにぎり3個だけで消費カロリー>摂取カロリーの状態を作った場合です。

 

これはダイエットと言えるでしょうか??

 

 

今まで書いてきた通り痩せるという事は体の脂肪を減らす事だと私は考えています。

 

初めて見る方はこちらをお読み頂けると

よりよくわかると思います^ ^

 

http://dietblogmy.hatenablog.com/entry/2016/07/13/135251

 

世間では炭水化物もダイエットの敵だとされています。

 

 

しかし、炭水化物は人間の体を働かせるために必要なものです。

 

炭水化物を食べる事によって人間は動くのに必要なエネルギーを手に入れています。

 

このエネルギーがないと、ダイエットの天敵である「異化」 が起きてしまいます。

 

異化とは、筋肉を消費してエネルギーを作り出す現象の事です。

 

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

http://dietblogmy.hatenablog.com/entry/2016/09/28/162943

 

 なので、ダイエットをするときは必要な栄養素を取らないといけません。

 

その前提の上で消費カロリー>摂取カロリーの状態を作らないといけません。

 

 

でないと、いくら食事制限をしても「痩せる」ことはできないからです。

 

 

なので、太りやすい食材、太りにくい食材を分かった上で食事制限ではなく、食事選択をしていきましょうという話でした。

 

 

では、その太りやすい食材、太りにくい食材。

 

 

言い換えると、食べて良い食材、食べてはいけない食材は何なのか、について書いていこうと思います。

 

読んでいただきありがとうございました!

 

また明日更新する予定です!

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログはダイエットを志している方のお力になりたいと思い始めました。

悩みなどあればご相談ください!

質問やご意見、ご感想などもコメントを残していただけると嬉しいです!

また、facebookページ、ツイッターもあります。

書くモチベーションになりますので、もっと知りたい方、繋がりたい方はぜひ、いいねやシェアをお願いします!

facebook

https://m.facebook.com/home.php?s=100012739027853&sstr=276681166099849&stype=s&postid=276681166099849&gfid=AQBd2EeIGaLaRwVS&hrc=1&refsrc=http://h.facebook.com/hr/r&_rdr#~!/DietBlog.MY3/?ref=bookmarks

Twitter
https://mobile.twitter.com/dietblogMY

 

 

 

 

 

その筋トレ無意味かもしれません。効果を最大限に増やす方法とは!?

こんばんは!MYです。

 

昨日は筋トレの効果を上げるための方法について書きました。

 

 

その中でジムなどで器具を使った筋トレをする事をお勧めしたと思います。

 

 

しかし、ジムが近くになかったり、ジムに行くのはちょっと、、という方もいると思います。

 

 

今日はその方々のために自宅でも自重トレーニングでも筋肉がつくような方法を書いていきます。

 

 

 

 

 

昨日も書いた通り、筋肉は限界近くの負荷で数回やる事で成長します。

 

ですから、少ない負荷で20回30回やってもあまり効果は感じられないのです。

 

 

 

では、どうしたら良いのか、、

 

 

 

 

負荷を上げる工夫をして下さい!

 

 

たとえば

 

椅子に足を乗せて腕立て伏せをするなどです。

 

足を高い位置に置く事で、腕にかかる負荷がより大きくなります。

 

たとえば、腹筋の時。

 

足を高い位置に置き、腹筋をして下さい。

 

足を机で固定し、椅子におしりを置いて腹筋をするなどです。

 

このようにより負荷をかける工夫をして筋トレをして下さい。

 

そうすれば、より少ない回数、少ない時間でも大きな効果を得る事ができます。

 

工夫しながら少しずつ成長を目指していきましょう!

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

このブログはダイエットを志している方のお力になりたいと考えて始めました。

 

悩みなどあればご相談ください!

 

質問やご意見、ご感想などもコメントを残していただけると嬉しいです!

また、facebookページ、ツイッターもあります。

書くモチベーションになりますので、もっと知りたい方、繋がりたい方はぜひ、いいねやシェアをお願いします!

facebook

https://m.facebook.com/home.php?s=100012739027853&sstr=276681166099849&stype=s&postid=276681166099849&gfid=AQBd2EeIGaLaRwVS&hrc=1&refsrc=http://h.facebook.com/hr/r&_rdr#~!/DietBlog.MY3/?ref=bookmarks

Twitter
https://mobile.twitter.com/dietblogMY

 

 

短時間で効率的に筋肉をつけるためのコツを発表!

 

こんにちは!ダイエットブロガーのMYです。

 

久々の更新となります。

 

 

更新していない間にも見てるくれる人が徐々に増えていて嬉しい限りです。

 

これからも皆さんにより確実に「やせて」いけるような情報をお伝えできるように頑張っていきます。

 

 

さて、今まで、痩せるためにどのような手順を踏んでいけば良いのかを書いてきました。

 

その内容について興味のある方は是非こちらをご覧ください。

 

http://dietblogmy.hatenablog.com/entry/2016/07/15/145537

 

http://dietblogmy.hatenablog.com/entry/2016/07/14/161624

 

その中で痩せやすい体質になるために筋肉を付ける事が必要だと話してきました。

 

 

そのためには筋トレが不可欠です。

 

ここで1つ質問です。

 

皆さんは筋トレというとどのようなものをしますか??

 

腕立て伏せ、腹筋、背筋、スクワットなどでしょうか?

 

実はこれ、普通にやっているとすごく効率の悪い筋トレなんです。

 

効率の悪いというのは頑張った割に筋肉のつきづらいという意味です。

 

今日はそれはなぜなのか、では、どのように筋トレをしていけば良いのかについて書いていきます。

 

 

では、さっき言ったいわゆる筋トレはなぜ効率が悪いのでしょうか?

 

答えは、負荷がかかりづらいからです。

 

筋肉は負荷がかかる事によって成長します。

 

しかし、腹筋背筋などの筋トレは自分の体重分しか負荷がかからないようになっています。

 

ちなみにこのような筋トレを自重トレーニングと言います。

 

もちろん、全く筋肉がつかないというわけではありません。

 

しかし、ある程度筋肉がついた後は自重分の負荷では筋肉が余裕と感じてしまうのです。

 

自分の力の50%で事足りる負荷を何度かけても筋肉はしづらいのです。

 

 

筋肉を付けるためには軽い負荷を何回もかけるよりも

 

限界近くの負荷を数回かける方が成長するのです。

 

もう慣れてしまっている負荷をかけることは時間の無駄とも言えます。

 

筋トレをしていた方は経験があるのではないでしょうか?

 

最初のうちは筋肉痛にもなって筋トレの効果を感じていた腕立てが、ある日いくらやっても筋肉痛にならなくなった事。

 

いくらやっても効いている気がしない事。

 

 

 

限界近くの負荷をかけられていないと、

 

 

せっかく100回やった筋トレもたった20回の筋トレに敵わないんです。

 

このように、限界近くの負荷をかけることで短時間でもより効果的な筋トレをすることができます。

 

では、具体的にはどのような筋トレをすれば良いのでしょうか??

 

 

 

 

 

 

 

 

お願いします。

 

 

 

ジムに行ってみてください。

 

家でできる筋トレには限界があります。

 

 

より大きな負荷をかけるためには道具が必要です。

 

 

ダンベル、バーベルなど自分にあった負荷をかけることのできる器具がたくさんあります。

 

 

最初はジムに行くことに抵抗があるかもしれません。

 

 

気恥ずかしかったり、お金の問題であったり、むさ苦しかったり。

 

 

 

しかし、トレーニングをするには最高の環境です。

 

自分の体にあった負荷をしっかりかけることができます。

 

それにより、筋肉が短時間で効率的につきます。

 

 

他にもトレーニングしている方がいるので励みにもなるでしょう。

 

 

限界近くの負荷をかけてあげる事であなたの筋肉はもっと成長します。

 

一緒に痩せやすい体を作って行きましょう!!

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログはダイエットをしようと志しているあなたのために書いています。

ぜひ、悩みなどあればお力になりたいと考えています。

ぜひ、質問やご意見、ご感想などコメントを残していただけると嬉しいです!

また、facebookページ、ツイッターもあります。

書くモチベーションになりますので、もっと知りたい方、繋がりたい方はぜひ、いいねやシェアをお願いします!

facebook

https://m.facebook.com/home.php?s=100012739027853&sstr=276681166099849&stype=s&postid=276681166099849&gfid=AQBd2EeIGaLaRwVS&hrc=1&refsrc=http://h.facebook.com/hr/r&_rdr#~!/DietBlog.MY3/?ref=bookmarks

Twitter
https://mobile.twitter.com/dietblogMY

 

本当の食欲を知れば痩せる!食べても太らないお菓子はこれだ。

こんにちは!MYです。

今日は食欲について書いていきましょう

皆さんはコンビニに行った時、ついついお菓子を買ってしまうということはありませんか??

食べ物を見た途端にお腹が減ったり、甘いものを食べたくなったり、、

実はそれ、一種の中毒症状なんです。。

実は、甘いものには一種の快楽物質が入っています。

これは、「幸せホルモン」と呼ばれるもので、脳に作用して、幸福感を得ることができます。

この物質が、ダイエットには実に厄介なのです、、

ダイエットで疲れている時や、辛い時、脳は快楽を欲します。

そこに、手っ取り早く快楽を得られる甘いものを見るともちろんそれを手に取ってしまいます。

この反応は、食欲からくるものではありません。、

お腹が減っているから食べたいと思うのではなく、快楽物質が欲しくなるから食べたくなるのです。

そういう意味では、食欲というより、性欲に近いのかもしれません。

知っての通り、甘いものはダイエットの天敵です。

脂質が多かったり、小麦粉を含んでいたり、体が必要のない余分な栄養素が入りすぎています。

そして、体に必要とされている栄養素はあまり含まれていません。

甘いものが食べたくなった時は、一度、お腹に相談してみてください。

単に甘い味が欲しいのか、実際にお腹が空いているのか、、

もし、実際にお腹が減っているのならご飯を食べてください。

身体が必要としている栄養素が含まれているものを食べると、自然と、体も脳も満足します。

最初は甘いものを我慢することは辛いと思いますが、しばらく経つと不思議と食べない事が普通になってくるのです。

ですが、どうしても甘いものが食べたい時、ぜひ、食べるものを考えてください。

ケーキやチョコ、菓子パンは脂質がたくさん入っています。

この脂質が体に脂肪がつく原因となる物質です。

ですが、脂質をあまり含まないお菓子もあります。

しかも、身体が必要としている物質であるタンパク質や食物繊維も含まれているお菓子。

それは、「大福」です。

大福は、餅とあんこから出来ていますよね?

もちはもち米から出来ており、あんこは小豆から出来ています。

なので、食べても、余計な脂質を取らなくてすみ、必要なタンパク質や炭水化物を取ることができます。

炭水化物は体に必要なエネルギーの一つです。

食べ過ぎると体に脂肪がたまる原因となりますが、体のエネルギーとなるからだに不可欠な栄養素です。

なので、甘いものをどうしても食べたくなった時は、大福を選んでみてください。

甘いものがどうして食べたくなるのか、

本当の食欲の意味、

食べても体の栄養素となるもの、

この辺りを考えて食べ物に気を遣ってダイエットを成功させていきましょう。

まとめです。

・甘いものが食べたくなったらまず、お腹が減っているか、ただ、快楽物質が欲しいだけなのかを考える。

・どうしても食べたい時は大福

ダイエットの基本は運動と食事です。

普段から気を使くことで、目標を達成しましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログはダイエットをしようと志しているあなたのために書いています。

ぜひ、悩みなどあればお力になりたいと考えています。

ぜひ、質問やご意見、ご感想などコメントを残していただけると嬉しいです!

また、facebookページ、ツイッターもあります。

書くモチベーションになりますので、もっと知りたい方、繋がりたい方はぜひ、いいねやシェアをお願いします!

facebook

https://m.facebook.com/home.php?refsrc=http%3A%2F%2Fh.facebook.com%2Fhr%2Fr&hrc=1&_rdr#~!/DietBlog.MY3/?ref=bookmarks

Twitter

https://mobile.twitter.com/dietblogMY