痩せるという快楽

これを読めばダイエット成功!?数多あるダイエット理論をわかりやすくまとめました。

バイト後や夜寝れない時でも大丈夫!夜に食べても太らない食材とは!?

こんにちは。ダイエットブロガーのMYです。

今日は夜に食べても太らない食材について書いていきます。

皆さんは夜に食べ物を食べると太りやすいという話を聞いたことはありますか??

特にご飯などの炭水化物を夜に食べるとすぐに太ってしまいます。

というのも、人間の体は1日で使い切れなかったエネルギーを脂肪として体に蓄える働きがあるからです。

ここでいうエネルギーとはブドウ糖のこと。そして、ブドウ糖とは、炭水化物を体内で分解して出来上がります。

だから炭水化物を抜くダイエットが今とても流行っているのですね。

ですが、夜にどうしてもお腹が空くことはありませんか??

夜にバイトが終わって疲れている時や、どうしても眠れない時など、空腹に耐えられない時もあると思います。

僕もダイエットでランニングををしていた時、夜にバイトをすることが多く、家に帰ってからご飯を食べてしまう事が多かったです。

なので、運動しているのに全く痩せないという状況が続いていました。

そこで、夜に食べても太らない食べ物を調べ、夜に食べるものを変えたら、しっかりと痩せる事が出来ました。

いくら運動をしても、食事の管理が出来ていないと痩せることはできません。

夜中にお米などの炭水化物を摂ることは避けたほうがいいですね。

では、夜に食べても太らない食べ物とはなんなのでしょうか??

ここでは2つ紹介します。

①バナナ

コスパ良し、お腹にたまる、簡単に食べられるというように疲れている時にはもってこいの食べ物です。

②十割蕎麦

そば粉は小麦粉と違い太りにくいと言われています。

ただ、スーパーなどで買う調理済みの蕎麦、ざる蕎麦などは麺に小麦粉が混ざっている事がほとんどです。

できる限りそば粉100%のそばである十割蕎麦を茹でて食べましょう!

せっかく運動をしても、夜中にものを食べてしまったら運動が無駄になってしまいます、、

ですが、どうしても食べたい時はバナナかお蕎麦を食べて対応しましょう!!

この工夫をすることで、もっとあなたのダイエットは進んでいくはずです!

信じない人は痩せられない

こんにちは、ダイエットブロガーのMYです!

 

久しぶりの更新となってしまいましたが今日はダイエットで辛い時にはどうしていけばよいのかについて書いていきます。

 

はっきり言います。ダイエットはすぐには効果が出ません。もしすぐに効果が出ていたらそれは本当に痩せたとは言えないのです。

 

このブログでは『痩せる』という事は脂肪が落ちるという事であり、体重が落ちるという事ではないと今までに述べてきました。

脂肪はちょっとしたダイエットでは1日や2日、1週間では落ちないのです。

 

もし、体重が落ちていたらそれは筋肉が減少しているのです。

この、筋肉の減少は代謝の減少につながり、痩せにくい体になってしまいます。

つまり、ダイエットの天敵です。

 

このブログでは体にある程度の筋肉をつけ、痩せやすい体を作った後に有酸素運動を継続していくことが正しいダイエット方法であり、リバウンドも少ないといってきましたね。

 

この、有酸素運動を続けていく中で誰しもがつらい時期にぶち当たります。

それが、がんばっているのに結果が出ないという時期です。

ダイエットにはタイムラグが発生します。今頑張ったと同時に脂肪が落ちるわけではなく、少し時間が経ってから効果が目に見える形で表れてくるのです。

 

しかし、ダイエットの効果が出る前に、頑張ったけど痩せなかったと諦めてしまう人が多のではないのでしょうか?

 

それもそのはずです。頑張っているのに効果が出ないときの辛さは僕も知っています。

こんなに頑張っているのに、と自暴自棄になり、ストレスで余計に食べてしまったり、ダイエットを辞めてしまったことが僕にも何回もあります。

 

そのように諦めた時には痩せるはずもありませんでした。

しかし、そこですぐには効果が出ないものと割り切って結果を急がないことが重要だったのです。余計なことは考えず有酸素運動を続けていくことが大事だったのです。

 

これを続けていけば絶対に痩せると信じ続けて有酸素運動を頑張ってきました。これが非常に大事なのです。このタイムラグの谷で自分を信じられない人は痩せられません。

 

ただ、この辛いときに頑張れないときもあります。その時に自分なりの頑張るコツを見つけたので参考にしていただければと思います。

 

①痩せた後の自分を想像する。

      ↓

  痩せたらどんな素晴らしい生活が待っているのか、痩せる目的を達成した自分を想像する。そのためになら頑張れるはず!

 

②出来るだけ楽しく有酸素運動をする

      ↓

  友達と一緒に走る。カラオケで大声で歌うことで有酸素運動をする。走るタイムを計り、達成感を味わいながらする。

 

③とにかく寝てまずは体力回復をする

      ↓

  走るのには体力が必要です。走れないときは体力がなくなった時に多いのです。まずは体を休ませることで体力を回復する。

 

④偉人伝を読んだり、名曲を聞いたりして頑張る活力をもらう。

      ↓

 歴史上の偉人は全員もれなくかなりの努力をした人です。あの人でさえ頑張っていたのだから自分が頑張らなくてどうすると自分に喝を入れていました。

 また、頑張れソング(頑張れってニュアンスの歌詞の曲)を聞いて頑張っていました。

 

辛いときはチャンスなのです。その辛いタイムラグの谷さえ乗り越えれば頑張れば頑張った分だけ効果を感じられる時期が必ず来ます。

 

是非辛いときはこの記事を参考に頑張ってみてください。

 

自分を信じて継続すること。それが大事です!!

【後編】ダイエット、始める前に知っておくとお得なこと

こんにちは。MYです。

前回は、異化についての説明をしていました。

今回は、異化がどのようにして起こるのか、また、その防止策について説明していきます。

あなたが今走り始めたとしましょう。

このときには、体の中の炭水化物をエネルギーに変換して体を動かしています。

例えば、あなたは今朝、エネルギーとなる炭水化物を食べていないとします。

今、走り始めたとして走ってすぐに体の中の炭水化物が切れました。

そのとき、異化が起こるのです。

体にエネルギーになるはずの炭水化物がないので、代わりに筋肉を分解し、できたタンパク質をエネルギーに変換して体を動かします。

このように、異化は体から、エネルギーとなる炭水化物が切れた時に起こります。

なので、運動をする前には、しっかりと炭水化物を取ることが重要です!

このことを意識しながらダイエットに取り組んでいきましょう!!

【前編】ダイエット、始める前に知っておくとお得なこと

こんにちは。MYです。

 

しばらく更新できていなくてすみません。

自分のダイエットに集中していたため、なかなか時間を取れず、久々の更新となります、、

 

さて、今回は「異化」という言葉について説明をしていきます。

 

また、説明が長くなるので2回に分けて説明をしていきます!

 

 

実はこの言葉、ダイエットの天敵です。

これを理解しておくと効率的にダイエットを進めていくことができるのです。

 

 

 

 

簡単にいうと、「異化」とは、筋肉を消化してエネルギーを作るという現象です。

 

これが起こってしまうと、せっかく付けた筋肉が少しづつ小さくなってしまい、また、痩せにくい体に戻ってしまいます。

 

 

なので、ダイエットでは、できるだけ、「異化」を起こさないようにすることが非常に重要なのです。

 

 

これがダイエットの天敵である異化という現象です。

 

 

まずは、

異化という現象がどのようなものなのか、

また、それを起こさないようにすることが重要だということを覚えておいてください!

 

 

次回は異化が起こる原因について説明していきます!!

 

お読みいただきありがとうございました!

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログはダイエットを志している方のお力になりたいと思い始めました。

悩みなどあればご相談ください!

質問やご意見、ご感想などもコメントを残していただけると嬉しいです!

また、facebookページ、ツイッターもあります。

書くモチベーションになりますので、もっと知りたい方、繋がりたい方はぜひ、いいねやシェアをお願いします!

facebook

https://m.facebook.com/home.php?s=100012739027853&sstr=276681166099849&stype=s&postid=276681166099849&gfid=AQBd2EeIGaLaRwVS&hrc=1&refsrc=http://h.facebook.com/hr/r&_rdr#~!/DietBlog.MY3/?ref=bookmarks

Twitter
https://mobile.twitter.com/dietblogMY

 

泳いできました。痩せるなら水泳の理由

こんにちは!myです。

今日は朝からプールで泳いできました。

今日は25m×40で1キロ泳いできました。時間は一時間半かかりましたね〜

もっと早く泳げるようになりたい!!

ちなみになのですが、クロールで、一時間泳いだ時の消費カロリーがだいたい1300カロリーと言われています。

平泳ぎでも700キロカロリー

ジョギングは約600キロカロリー

バスケットボール、サッカーでも一時間で約500キロカロリーだそうです。

自分自身、ダイエットを色々試す中で、水泳を行った時が一番痩せたことを実感しています。

ただ、ランニングと違い、準備の時間や、利用するのにお金がかかってします事がデメリットですかね〜

私は、それを考えても有り余るメリットが水泳にあると思っています。

例えば、

①効率的に痩せられる(同じ時間他の運動をするより効果が絶大)

②体に負担が小さい

③筋トレにもなる(水中の方が負荷が大きいため)

ですね!

体づくりが終わっている方は是非水泳に挑戦してみてください!

毎日コツコツはNG!?筋トレの正しい方法

こんにちは、MYです。

前回、痩せやすい体質になるには筋肉をつける必要があるという話をしました。

なので、皆さんには、有酸素運動を始める前に、その、痩せやすい体質作りをして頂きたいと考えております。

そして、今回は、筋トレをするときの注意点について説明します。

注意点① 高い負荷で少ない回数トレーニングをする

まず、皆さんには筋肉が大きくなるときに体の中で何が起こっているのかを知っていただこうと思います。

筋肉を使うと、筋肉の繊維が損傷します。

たとえば、重いものを持った時や、久しぶりにキャッチボールをした時など、次の日に筋肉が痛くなりますよね?

この痛みは、筋肉が壊れたから痛いのです。

そして、筋肉が壊れた時、体はそれを治そうと筋肉を修理します。

その結果、筋肉の繊維は前よりも大きく、強くなるのです。

これが筋肉がつく時の体の中での働きです。

さて、お分かりでしょうか?筋肉量を増やすには、筋肉痛になるだけのトレーニングする必要があるということです。

軽い負荷で筋トレをするより、大きい負荷で一気にトレーニングをした方が筋肉は育つのです。

しかし、もちろんトレーニングを始めたばかりの頃は

無理をして体を壊さないように、自分にできる低い負荷から少しずつやっていってくださいね!

注意点②タンパク質の補給

あなたは今まで筋トレをしたことはあると思います。

腕立て伏せや腹筋など、体育の授業でもやったことでしょう。

しかし、腕立てや腹筋など、これだけでは筋肉はつきません。

というのも、先ほど、筋繊維の修理により、筋肉量が増えると言いました。

たとえば、何かを修理するにしても、材料がないと修理はできませんよね??

たとえば、家の壁に穴があいた時には木の板がないとダメでしょう。

ジャージに穴が空いたら布がないと修理できません。

そのように、筋肉の修理も材料が不十分だと十分に修理できません。

なので、腕立てや腹筋など、それだけでは苦労が無駄になってしまうのです。

では、何をすればいいのか?

修理の材料であるタンパク質を体に補給してください。

筋トレはタンパク質を補給して、やっと終わります。

タンパク質はプロテインやお肉で補給します。

筋トレしてから30分以内に補給してください。

そうすることによって筋肉量は増えていきます。

①筋肉痛になるように、高い負荷でトレーニングをする。

②トレーニングをしてから30分以内にタンパク質を補給する。

これを守りれば、効率良く筋肉量を増やすことができます。

一緒にダイエットをしていきましょう!

ご意見、ご質問はこちらまで・・・・・・・・・・・

dietblogmy@gmail.com

痩せやすい体質になるには!?

こんにちは!MYです。

今日は痩せやすい人と痩せにくい人の違いについて説明します。

それは、基礎代謝という言葉が関係しています。

基礎代謝とは、1日、自然に過ごして消費するエネルギー量のことです。

わかりやすく言うと、

朝起きて、歯を磨いて、仕事に行って、帰ってきて、夕飯を食べて、テレビを見て、寝る。

そんな1日でも消費するエネルギーの量です。

この基礎代謝は人によって異なります。

基礎代謝が大きい人は、何もしなくてもたくさんのエネルギーを消費できるので、痩せやすい体質だということができます。

逆に基礎代謝が小さい人は、運動をしても、大きなエネルギーは消費できないので痩せにくい体質だと言えます。

皆さんには、まず、基礎代謝を上げ、痩せやすい体づくりをして頂きたいと思います。

その方が、楽に運動を出来るようになり、また、運動の効果が出やすくなるからです。

では、基礎代謝は何によって決まるのでしょうか?

答えは「筋肉量」です。

体で作られたエネルギーは内臓や脳などで使われるのですが、一番エネルギーを消費するところが筋肉なのです。

だから筋肉量が多ければ多いほど消費するエネルギーが大きくなり、基礎代謝が大きい=痩せやすいという事が出来るのです。

まずは筋肉をつけ、基礎代謝を上げることで痩せやすい体づくりをしていきましょう!!

次回は筋肉のつけ方について説明します!お楽しみに!!

ご意見、ご質問はこちらまで・・・・・・・・・・・

dietblogmy@gmail.com

facebookページもございます!

いいねをしていただけると嬉しいです!

https://m.facebook.com/?hrc=1&refsrc=http%3A%2F%2Fh.facebook.com%2Fhr%2Fr&_rdr#~!/DietBlog.MY3/?ref=bookmarks