読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痩せるという快楽

これを読めばダイエット成功!?数多あるダイエット理論をわかりやすくまとめました。

毎日コツコツはNG!?筋トレの正しい方法

こんにちは、MYです。

前回、痩せやすい体質になるには筋肉をつける必要があるという話をしました。

なので、皆さんには、有酸素運動を始める前に、その、痩せやすい体質作りをして頂きたいと考えております。

そして、今回は、筋トレをするときの注意点について説明します。

注意点① 高い負荷で少ない回数トレーニングをする

まず、皆さんには筋肉が大きくなるときに体の中で何が起こっているのかを知っていただこうと思います。

筋肉を使うと、筋肉の繊維が損傷します。

たとえば、重いものを持った時や、久しぶりにキャッチボールをした時など、次の日に筋肉が痛くなりますよね?

この痛みは、筋肉が壊れたから痛いのです。

そして、筋肉が壊れた時、体はそれを治そうと筋肉を修理します。

その結果、筋肉の繊維は前よりも大きく、強くなるのです。

これが筋肉がつく時の体の中での働きです。

さて、お分かりでしょうか?筋肉量を増やすには、筋肉痛になるだけのトレーニングする必要があるということです。

軽い負荷で筋トレをするより、大きい負荷で一気にトレーニングをした方が筋肉は育つのです。

しかし、もちろんトレーニングを始めたばかりの頃は

無理をして体を壊さないように、自分にできる低い負荷から少しずつやっていってくださいね!

注意点②タンパク質の補給

あなたは今まで筋トレをしたことはあると思います。

腕立て伏せや腹筋など、体育の授業でもやったことでしょう。

しかし、腕立てや腹筋など、これだけでは筋肉はつきません。

というのも、先ほど、筋繊維の修理により、筋肉量が増えると言いました。

たとえば、何かを修理するにしても、材料がないと修理はできませんよね??

たとえば、家の壁に穴があいた時には木の板がないとダメでしょう。

ジャージに穴が空いたら布がないと修理できません。

そのように、筋肉の修理も材料が不十分だと十分に修理できません。

なので、腕立てや腹筋など、それだけでは苦労が無駄になってしまうのです。

では、何をすればいいのか?

修理の材料であるタンパク質を体に補給してください。

筋トレはタンパク質を補給して、やっと終わります。

タンパク質はプロテインやお肉で補給します。

筋トレしてから30分以内に補給してください。

そうすることによって筋肉量は増えていきます。

①筋肉痛になるように、高い負荷でトレーニングをする。

②トレーニングをしてから30分以内にタンパク質を補給する。

これを守りれば、効率良く筋肉量を増やすことができます。

一緒にダイエットをしていきましょう!

ご意見、ご質問はこちらまで・・・・・・・・・・・

dietblogmy@gmail.com